PDF superior Saccharomyces cerevisiaeにおけるオルガネラ間リン脂質輸送機構の研究

Saccharomyces cerevisiaeにおけるオルガネラ間リン脂質輸送機構の研究

Saccharomyces cerevisiaeにおけるオルガネラ間リン脂質輸送機構の研究

20. Kvam, E.; Goldfarb, D. S., Nvj1p is the outer-nuclear-membrane receptor for oxysterol-binding protein homolog Osh1p in Saccharomyces cerevisiae. J Cell Sci 2004, 117 (Pt 21), 4959-68. 21. Chung, J.; Torta, F.; Masai, K.; Lucast, L.; Czapla, H.; Tanner, L. B.; Narayanaswamy, P.; Wenk, M. R.; Nakatsu, F.; De Camilli, P., INTRACELLULAR TRANSPORT. PI4P/phosphatidylserine countertransport at ORP5- and ORP8-mediated ER-plasma membrane contacts. Science 2015, 349 (6246), 428-32.

32 Lee mas

イヌのメチシリン耐性Staphylococcus pseudintermedius感染症の分子疫学的研究

イヌのメチシリン耐性Staphylococcus pseudintermedius感染症の分子疫学的研究

論文審査結果要旨 ブドウ球菌(Staphylococcus)属は哺乳類皮膚や粘膜常在菌であが、時感染症起因菌と もなりう。イヌ常在ブドウ球菌は S. pseudintermedius であことが知られてり、近年メチシ リン耐性 S. pseudintermedius(MRSP)感染症が世界的増加していことから、院内伝播や ヒトへ影響が懸念されてい。MRSP 関すは増加していが、そ遺伝子型と臨床的背景 と関連性や病原性はまだ十分解明されていない。そこで本では、まずイヌ表在性膿皮症由 来 MRSP 株ついて、遺伝子型と表皮剥脱毒素遺伝子保有状況分布を調査した(第 1 章)。次い で、MRSP 検出と遺伝子型別を効率的行うため、従来 PCR 法簡便化取り組み、改良型 PCR 法を確立した(第 2 章)。さら、疫学調査対象を他疾患拡大し、MRSP 株遺伝子型・表 現型と臨床的背景と関連性を分析した(第 3 章)。本論文は、3 章から成されてり、各章成 績は以下よう要約でき
Mostrar más

6 Lee mas

Saccharomyces cerevisiae

Saccharomyces cerevisiae

 Saccharomyces cerevisiae Meyen ex E.C.Hansen La l evadura de cerveza (  Saccharomyces cerevisiae Meyen ex E.C.Hansen ) es un hongo unicelular , un tipo de levadura utilizado industrialmente en la fabricación de pan, cerveza y vino. El ciclo de vida de las levaduras alterna dos formas, una haploide y otra diploide. Ambas formas se reproducen de forma asexual por gemación. En condiciones muy determinadas la forma diploide es capaz de reproducirse sexualmente. En estos casos se  produce la meiosis en la célula formándose un asca que contiene cuatro ascosporas
Mostrar más

19 Lee mas

乳酸菌 Lactococcus lactis subsp. cremoris が生産する多糖類の増産を目的としたパルス電界処理に関する研究

乳酸菌 Lactococcus lactis subsp. cremoris が生産する多糖類の増産を目的としたパルス電界処理に関する研究

2.4. 考察 序論で述べたよう、筆者は 1991 年から 1996 年て、Lactococcus lactis subsp. cremoris SBT0495 株菌体外多糖類“viilian”ついてを行ってり、パルス電 界処理多糖類発酵エンジニアリング技術を検討す上で基礎とな、多く知 見を得た。ところが、そ後パルス電界処理エンジニアリング技術関す を行う当たっては、新た Lactococcus lactis subsp. cremoris C4 株を使用すことな り、SBT0495 株で得られた知見を参照すためは両菌株相同性、特多糖類発酵 関す遺伝的相同性が見られか否かは本いて重要なポイントであった。 C4 株が生産す多糖類 1 次造は明らかなっていないが、表 2.2 示した分 子成比は SBT0495 株と大きく異なではなく、van Kranenburg ら(1998)が彼ら 菌株 Lactococcus lactis subsp. cremoris B40 株でも、SBT0495 株と同じリン酸化 多糖類を生産すことを報告していことを考慮すと、L. cremoris 菌が生産す多糖 類は共通性が多く、そ生合成を制御す遺伝子相同性は高いと見られ。C4 株 生育や多糖類生産効率が SBT0495 株は劣、SBT0495 株で明らかなよう 様々な糖を資化して多糖類を生産すことが可能であり、静置回分培養では 10-50 mg/L、至適 pH 6.0-6.5 で定 pH 培養では 250-450 mg/L まで多糖類を生産すことが可 能であ
Mostrar más

169 Lee mas

Rhodococcus jostii RHA1における PCB分解遺伝子群転写抑制の解明と その解除方法に関する研究

Rhodococcus jostii RHA1における PCB分解遺伝子群転写抑制の解明と その解除方法に関する研究

R. jostii RHA1 中で catA1 プロモーター転写活性を調べため、R. jostii RHA1、R. jostii RHA1ΔbenA、 R. jostii RHA1ΔbenD、R. jostii RHA1ΔcatA1、R. jostii RHA1ΔcatB それぞれ菌株、レポータープラスミ ド pKLAPcatA を導入した。これら菌株を 1/5LB 培地と、それ安息香酸を終濃度 10 mM、5 mM、1 mM、 0.5 mM、0.1 mM となよう加えた培地で培養し、3 時ごとルシフェラーゼ活性を測定した。 全て菌株いて、 1/5LB 条件では活性は上昇しなかった。R. jostii RHA1 いて、9 時時 点プロモーター活性は安息香酸 10 mM で約 8 倍、5 mM で約 7 倍、1 mM で約 4 倍、0.5 mM で約 3 倍 上昇し、0.1 mM では上昇を観察できなかった (Fig. 7-4.A)。R. jostii RHA1 ΔbenA いては 6 - 9 時 で、安息香酸 10 mM で約 5 - 6 倍、5 mM で約 3 - 4 倍上昇し、1 mM、0.5 mM、0.1 mM では上昇を観察 できなかった (Fig. 7-5.A)。R. jostii RHA1ΔbenD いては 3 時時点で、安息香酸 10 mM で約 4 倍、5 mM で約 3 倍上昇し、そ後低下した。1 mM、0.5 mM、0.1 mM では上昇を観察できなかった (Fig. 7-6.A)。 R. jostii RHA1ΔcatA1 いては、安息香酸 10 mM は 9 時時点でで約 6 倍、5 mM は 6 時時点で約 5 倍、 9 時時点で約 3 - 4 倍、1 mM、0.5 mM、0.1 mM は 9 時時点で約 2 倍上昇した (Fig. 7-7.A)。R. jostii RHA1ΔcatB いては 9 時時点で、安息香酸 10 mM では上昇を観察できず、5 mM で約 2 倍、1 mM と 0.5 mM で約 6 倍上昇し、0.1 mM は 6 時時点で約 6 倍、9 時時点で約 4 倍となった (Fig. 7-8.A)。 (3) catA1 プロモーター活性観察時濃度よび代謝産物濃度測定
Mostrar más

70 Lee mas

ハプト藻Emiliania huxleyiのアルケノン生合成の調節機構の解明にむけた脂質およびエネルギー貯蔵物質の代謝の解析

ハプト藻Emiliania huxleyiのアルケノン生合成の調節機構の解明にむけた脂質およびエネルギー貯蔵物質の代謝の解析

To understand the mechanism of energy storage, I analyzed the changes in C-allocation among various cell components like lipids, alkenones, proteins and polysaccharides between cells[r]

172 Lee mas

〈原著〉角膜上皮創傷治癒過程における urokinase-type plasminogen activator receptor の役割と機能

〈原著〉角膜上皮創傷治癒過程における urokinase-type plasminogen activator receptor の役割と機能

は uPAR 遺伝子)を hygromycin B 存在下で長 期発現させことが可能な蛋白発現ベクター(プ ラスミド)であ.pEBMulti-Hyg ベクター mul- tiple cloning site(MCS, 表1)内制限酵素認識 配列 XhoI と EcoRV uPAR cDNA を挿入し た.ヒト線維芽細胞由来 cDNA ライブラリー(Ori- Gene Technologies, Rockville, MD, USA)から, pEBMulti-Hyg ベクター連結させため,表2 示す制限酵素認識配列を両端(5’側(Forward)プ ライマー XhoI, 3’側(Reverse)プライマー Eco- RV)含む uPAR cDNA(Homo sapiens plasmi- nogen activator, urokinase receptor, mRNA(cDNA clone MGC:3 9 0 5 IMAGE:3 61 78 9 4),complete cds., GenBank accession number BC0 02 78 8)うち uPAR 蛋白コーディング領域であ6 6~10 73番を PCR より増幅して得た.こ cDNA と,制限酵 素 XhoI よび EcoRV で切断した pEBMulti-Hyg ベクターをライゲーションして uPAR 発現ベクター (以下,pEB uPAR)を築した 26 .また,control
Mostrar más

13 Lee mas

昭和大学病院におけるMultidrug resistant Pseudomonas aeruginosa、ESBL産生Escherichia coli、Klebsiella pneumoniae、Klebsiella oxytocaおよびMultidrug resistant Acinetobacter baumanniiの検出状況(2006~2010年度)

昭和大学病院におけるMultidrug resistant Pseudomonas aeruginosa、ESBL産生Escherichia coli、Klebsiella pneumoniae、Klebsiella oxytocaおよびMultidrug resistant Acinetobacter baumanniiの検出状況(2006~2010年度)

 遺伝子検出 PCR 条件は以下通りであ 3) . IMP-1, 6, 10, 11 を共通増幅す Forward 5’ -CTA- CCGCAGCAGAGTCTTT-3’ ,Reverse 5’ -CAACC- A G TTTTGCCTTACCAT-3’プ ラ イ マ ー で 588 bp を産物とし,IMP-2 は Forward 5’ -TGTAGCATTA- C TGCCGCG-3’ ,Reverse 5’ -CAGCCTGTTCCCA T- GTAC-3’プライマーで 658bp を産物とし,VIM-2 は Forward 5’ -TGACCGCGTCTATCATGGC-3’ , Reverse 5’ -GCTACTCAACGACTGAGCG-3’で 768

7 Lee mas

ASEANにおける関税撤廃の効果 ―Vietnamの貿易へのGravity Modelの適用―

ASEANにおける関税撤廃の効果 ―Vietnamの貿易へのGravity Modelの適用―

【註】 * 本稿執筆あたり2017年9月19日から22日てHanoiいて現地調査を行った。こヒアリン グご協力いただいた以下方々紙面を借りて深謝す次第であ。(敬称略:50音順)IDEMITSU… Hanoi…Office…Business…Development(Vietnam,…Laos,…Cambodia)…Senior…Coordinator・天達隆太、 IDEMITSU…Hanoi…Office…Business…Development(Vietnam,…Laos,…Cambodia)…Coordinator・角野弘樹、… Japan…External…Trade…Organization…Hanoi…Representative…Office海外投資/経済連携促進アドバイザー・ 北嶋誠士、Hanoi…University…Head…of…Division…of…Specialist…Japanese・Nguyen…Thi…Minh…Huong、NPO法 人ベトナム簿記普及推進協議会(ABPV)・古久保英朗、三菱東京UFJハノイ支店取引先第二課取引先第 二課長・佐野順、Link…Viet…Nhat…Co.,…Ltd.…CEO・Duong…Mai…Ngoc…Thuong、みずほ銀行ハノイ支店日系 営業課・中尾憲一郎、Nghi…Son…Refinery…Petrochemical…Limited…Liability…Company・堀口威、学校法人大 原学園理事長・中川和久、有限会社リンク日越社長・ズゥンマイゴックトゥン。
Mostrar más

23 Lee mas

Información/explicación sobre las transfusiones sanguíneas / 輸血療法に関する説明書

Información/explicación sobre las transfusiones sanguíneas / 輸血療法に関する説明書

Transfusión autóloga/自己血血・・Se extrae sangre del propio paciente antes de la cirugía, sin riesgo de que se produzcan reacciones adversas cuando el paciente reciba la transfusión. Sin embargo, la transfusión autóloga normalmente está limitada a pacientes en espera de una cirugía (cirugía programada), cuyo estado general es bueno y sin complicaciones, tales como infecciones. Por lo tanto no todos los pacientes pueden beneficiarse con este tipo de transfusión. Si la pérdida de sangre es abundante, se puede usar sangre alogénica en combinación con la propia sangre del paciente.
Mostrar más

6 Lee mas

アメリカ刑事法の調査研究(154) : Moore v. Texas, 581 U.S. ___, 137 S.Ct. 1039 (2017)

アメリカ刑事法の調査研究(154) : Moore v. Texas, 581 U.S. ___, 137 S.Ct. 1039 (2017)

 適応上欠陥と知的欠陥関連性ついて CCA 結論は,部 分的 Briseno ₇ つ証明上要素基づいてり,それら ₇ つ要 素は知的障害者対す死刑執行を禁止す Atkins 保障を実現す 手法としては受入れことができない。したがって,こついては 法廷意見賛同す。しかし,知的関す CCA 判断は瑕疵が なく,そついては CCA 判断を確認すべきであと考え。  法廷意見は本件 CCA 結論を破棄す,各州実務反映され 「社会基準という客観的な徴表(objective indicia of societyʼs stan- dards)」を検討すらせず,知的障害関す医学界コンセンサス依拠して憲法上判断をしてい。こような分析手法は当裁判所が第 ₈ 修正事例でこれまで用いてきた方法ではないため,法廷意見反対す
Mostrar más

16 Lee mas

乳牛の小腸における受動的なカルシウム吸収に及ぼすオリゴ糖 Difructose anhydride III の効果研究

乳牛の小腸における受動的なカルシウム吸収に及ぼすオリゴ糖 Difructose anhydride III の効果研究

飼料給与量と残飼量は分娩 14 日前から分娩 6 日後まで毎日計測した。飼料サンプルは 月 1 回採取した。残飼は毎日採取し、成分分析は週毎行った。飼料サンプルは通風乾燥器 で 60℃・24 時乾燥し、1 mm 目を通よう粉砕し(SM2000; Retsch, ドイツ)、乾 物(DM)、粗蛋白(CP)、中性デタージェント繊維(NDF)、酸性デタージェント繊維(ADF)、 中性デタージェント不溶蛋白(NDICP)、酸性デタージェント不溶蛋白(ADICP)、酸 性デタージェントリグニン(ADL)、粗肪(EE)、灰分、Ca、リン(P)、マグネシウム(Mg)、 カリウム(K)、ナトリウム(Na)、硫黄(S)、塩素(Cl)分析を行った(Table 3)。N 含 量はケルダール法よって定量し、 6.25 を乗じて CP とした(AOAC, 2003; 984.13)。NDF は Van Soest ら(1991)方法準じ、αアミラーゼと亜硫酸ナトリウムを用いて分析し た。ADF は AOAC(2003; 973.18)準じて分析した。NDICP と ADICP は Coblentz ら (2010)と同様方法で分析した。ADL は AOAC(2003; 973.18)準じて分析した。EE は AOAC(2003; 920.39)準じて分析した。灰分は 600℃2 時灰化し分析した(AOAC, 2003; 942.05)。Ca と P、Mg、K、Na は 600℃・2 時灰化した残渣を塩酸で再溶解し、 ICP 発光分光分析法(ICPE-9000; 島津製作所, 京都)で分析した(AOAC, 2003; 985.01)。 S と Cl は蛍光 X 線分析法(JSX-3100RII; 日本電子株式会社, 東京)を用い分析した。DCAD 値(meq/100gDM)は(Na + +K + )-(Cl - +S 2- )で求めた(Ender ら, 1971)。NE L 含量は 維持要求量 3 倍と仮定した(NRC, 2001)。1 日ミネラル摂取量は、乾物摂取量(乾物 給与量と乾物残飼料差)と飼料中各ミネラル含量を乗じて算出した。
Mostrar más

65 Lee mas

群馬県の里地里山におけるツキノワグマ(Ursus thibetanus japonicus)の被害軽減を目的とした個体識別とリスクエリアの抽出

群馬県の里地里山におけるツキノワグマ(Ursus thibetanus japonicus)の被害軽減を目的とした個体識別とリスクエリアの抽出

撮影カメラ(以下、センサーカメラ)を用いたカメラトラップ法よって、これら クマ科動物胸部斑紋や、顔面模様を撮影し、そ画像をもと個体識別が行わ れてい(Ríos-Uzeda et al . 2007, Ngoprasert et al . 2012, Higashide et al . 2012, 米 田ら 2014)。ツキノワグマ斑紋ついては、個体識別ため有効性が検証されて り、斑紋を用いた個体識別は可能とされてい(Higashide et al . 2012)。こ手法 利点は、識別まで作業が比較的安価かつ簡便であこと、費用対効果が高いこ となどが挙げられ(Higashide et al . 2013)。
Mostrar más

160 Lee mas

Intel Xeon Phi によるSCANクラスタリングの分散並列化

Intel Xeon Phi によるSCANクラスタリングの分散並列化

定義 3.2 ( 造的類似度下限値 ) v, w ∈ V が与えられたと き, σ(v, w) 下限値 σ(v, w) = 2/ ˇ |Γ(v)||Γ(w)| . 3. 4 隣接ノード情報通信処理 隣接ノード情報通信処理は,グラフを分割して持つ各計算 造的類似度計算を行うため各計算が必要な隣接ノー ド情報を共有す処理であ.各計算は自身分配されたノー ド v ∈ V p とそ隣接ノード情報を持つ.しかし,ノード v 接続すエッジは他計算 r ∈ P ノード w ∈ V r (r |= p) と接続されてい可能性があ.こよう計算をまたい でノードを接続すエッジ (v, w) 造的類似度を計算す ためは計算 r からノード w 隣接ノード情報を通信して 受必要があ.そこで DSCAN 隣接ノード情報通信処 理アルゴリズムを Algorithm 5 示す.
Mostrar más

9 Lee mas

CRISPR/Cas9を用いたプロモーター配列挿入による簡便なノックアウト・レスキューシステムの構築

CRISPR/Cas9を用いたプロモーター配列挿入による簡便なノックアウト・レスキューシステムの構築

To establish an efficient and simple method for knockout-rescue system in pluripotent stem cells, we employed an efficient genome editing technology, clustered regularly interspaced pa[r]

29 Lee mas

眼球近傍画像解析による瞬目入力とEye Glance入力を組み合わせたインタフェースに関する研究

眼球近傍画像解析による瞬目入力とEye Glance入力を組み合わせたインタフェースに関する研究

⽔準で有意差を⽰した。そして,30 ⼈中 28 ⼈被験者は瞬⽬時積分値いて 1%⽔準で 有意差を⽰した。また,2 名被験者はいずれ特徴量いても有意差は認められなかっ た。これら結果をまとめたもを表 4.5,そ内訳を表 4.6 ⽰す。個々被験者着⽬ すと,瞬⽬持続時や瞬⽬時振幅値で 1%⽔準有意差が⽰されたは全体 65%程度 ⼈数であった対し,瞬⽬時積分値では 93.3%で有意差が認められてい。加えて,被験 者 11, 15 2 名は瞬⽬時積分値でみ有意差を⽰した。これらことから,瞬⽬時積分値は 従来瞬⽬種類識別⽤いられていたパラメータであ瞬⽬持続時や瞬⽬時振幅値と⽐較 して,有意差が認められやすい傾向と⾔え。⼀⽅で,実験では指⽰⾳なった直後 発⽣した瞬⽬を随意性瞬⽬として扱ってい。しかしながら,実験後被験者へインタ ビューから,⼀部被験者は合図⾳と⾃発性瞬⽬がちょうど重なったなど理由から,必ず しも合図⾳直後随意性瞬⽬をしたわではないことがわかってい。そため,実際 ⼊⼒インタフェースよう⼊⼒を想定して被験者が能動的瞬⽬を⾏うであれば,瞬⽬ 種類差はさら開くと考えられ
Mostrar más

85 Lee mas

短節間性を有する \u27とまと中間母本農11号\u27 の育成経過とその特性

短節間性を有する \u27とまと中間母本農11号\u27 の育成経過とその特性

母本農  号’有す短節は比較的少数複 数遺伝子が関与すと考えられ.一方で,EU 遺伝子短節遺伝解析は矢ノ口ら()が‘/$’ を用いて行ってり,‘とまと中母本農  号’遺伝 解析結果とほぼ一致した.EU 遺伝子は黄色果皮色(< 遺 伝子)と連鎖が報告されてり(%XWOHU,),EU 遺 伝子を有す場合は完熟果色が赤色とな.‘とまと中 母本農  号’完熟果色は桃色であため,EU 遺伝 子と < 遺伝子連鎖が解消された可能性があが,‘と まと中母本農  号’が EU 遺伝子を有していない可能 性も否定できない.これらよび EU 遺伝子遺伝 性ついては今後検討が必要であ.また,‘とまと 中母本農  号’と姉妹系統であり,短節性を有し 完熟果色が桃色であ‘761$’と普通節
Mostrar más

13 Lee mas

質問票 Web の到着前入力をお願いします

質問票 Web の到着前入力をお願いします

Before you arrive (at home, at the airport, on the airplane, etc.) , please enter the required information at our Questionnaire Website , and then present the issued QR code to the qu[r]

6 Lee mas

モモ \u27あかつき\u27と各種台木との中間台木法による接ぎ木親和性の早期検定

モモ \u27あかつき\u27と各種台木との中間台木法による接ぎ木親和性の早期検定

山口ら:モモ‘あかつき’と各種台木と台木法接ぎ木親和性早期検定 71 も低かった Myrobalan 290-1-237.5cmから‘ス台(小町 園)’ 233cm まで,中用いた種や系統で大き な差異が認められた(Table3).新梢伸長停止時期 も種,系統で大きな差異があり,早いもでは,調 査開始日7月9日すで明らか伸長が停止した. また,葉巻き上がりも種や系統よっては,調査開始 からもない時期発生し,そ後巻き上がり程度は拡 大 し た ( Fig.2 ). 最 終 的 は 全 体 著 し く 葉 が 巻 き,+++と判定され系統が全体半分以上を占めた. 下部接ぎ目こぶ(周囲長 B/C)程度は,多く 台が 1.5 ∼ 1.7 範囲あったが,ユスラウメ京都 30-4, ニワウメ(小町園)など2前後数値を示す系統も見ら れた.上部接ぎ目こぶ(周囲長 D/E)は,1.29 ∼ 2.16 と 明瞭な品種差異が認められた(Table3).
Mostrar más

11 Lee mas

摘採適期前後におけるチャ品種 \u27やぶきた\u27, \u27りょうふう\u27, \u27ふうしゅん\u27 の一番茶新芽の化学成分含有量の変動

摘採適期前後におけるチャ品種 \u27やぶきた\u27, \u27りょうふう\u27, \u27ふうしゅん\u27 の一番茶新芽の化学成分含有量の変動

チャは日本いて 1000 年以上栽培されてきた作物 であが,長い貴重品だったため量よりが求めら れてきた.しかし,現在,茶は安全,安価で国内で自給 でき国民的な嗜好飲料であり,収量性が最も重要であ .チャ収穫期新芽は生育中で毎日収量が増加す ため,収穫期概念を統一しなれば,チャ品種収量 性品種差を正確明らかことはできない.
Mostrar más

10 Lee mas

Show all 563 documents...

Related subjects